バランローズクリームシャンプーのメリットとは?

メリット

 

バランローズクリームシャンプーの一番のメリットは、シャンプー→コンディショナー→トリートメント・・・といったプロセスが1回ですべて完了できることです。

 

クリーム状のシャンプーを、少し濡らした髪に塗って、少し時間をおいてから頭皮をマッサージし、あとは洗い流すだけてOKです。
バランローズクリームシャンプーにはコンディショナーやトリートメントの成分も含まれているので、通常のシャンプーのようにアイテムをいくつもそろえなくても、クリームシャンプーひとつだけで済みます。

 

簡単・手軽であるのはもちろん、ものによっては通常のシャンプーよりもコストを抑えられることがあります。

 

また、髪が細く切れやすいという人にもぴったりです。
バランローズクリームシャンプーでは髪と髪をゴシゴシこすりつける動作がないため、通常のシャンプーよりも髪の摩擦が少なくなり、切れやすい髪の人でも髪をいたわりながら洗うことができます。

 

もう一つのメリットとして、頭皮マッサージがあります。
実は頭皮は毎日の汗や脂で汚れやすい部分。通常のシャンプーでは泡が頭皮まで届いていないこともあります。

 

しかしバランローズクリームシャンプーはクリーム状なので地肌になじみやすく、しっかり頭皮まできれいに洗えるのはもちろん、マッサージしながら洗うと血行も良くなり、コシのある髪を育てることができます。

 

また、バランローズクリームシャンプーには地肌に潤いを与える成分が含まれており、頭皮を洗うことでしっかり頭皮の乾燥を防ぎ、肌荒れやフケも防いでくれます。

 

これだけ多くの効果を一つのシャンプーだけで得られるというのはうれしいですね。

バランローズクリームシャンプーのデメリットとは?

髪の毛が傷む

 

バランローズクリームシャンプーは脂汚れを落とす効果はそこまで強くないので、ベタつきやすい頭皮の場合は、脂汚れが十分に落とせず、さらにベタついてしまうという場合があります。

 

同様に、整髪料をたくさん使っている場合には、それをすべて洗い落とすことは難しいです。毎日スタイリング剤でしっかりとヘアセットをしているという方のシャンプーにはあまり向いていないですね。

 

また、バランローズクリームシャンプーはしっかりすすぎが行われていないと、むしろ肌トラブルや臭いを引き起こす元になる可能性があります。

 

例えば、地肌にバランローズクリームシャンプーの油分が十分すすがれずに残っていると、それがむしろ肌への刺激となり、炎症を起こしてかゆくなったり、フケが増えたりするとがあります。

 

さらに、油分が雑菌の繁殖を促進し、地肌のにおいを引き起こす場合もあります。バランローズクリームシャンプーを使う場合には、しっかり地肌まですすいであげることが重要です。

 

もう一つのデメリットとしては、泡立たないのでしっかり洗えた感覚が出にくいということがあります。
特に通常のシャンプーでゴシゴシ洗ってさっぱりした感じを味わうことに慣れている人には、最初は物足りなく思われるかもしれません。

 

また、髪質によっては合わないこともあり、髪にボリュームが出にくい人は、バランローズクリームシャンプーを使うと広がりが抑えられ、しっとりとした髪になるので、ボリュームが減って、ぺたんとした髪型になってしまうかもしれません。

 

自分の理想の髪型に合うかどうかを見極める必要がありますね。

まとめ

バランローズクリームシャンプーのメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

 

実は私も市販のシャンプーからバランローズクリームシャンプーに変えたのですが、最初は全然泡立ちしなくて驚きました。泡でゴシゴシ洗うことに爽快感を覚えていたので、逆に慣れるまで少し時間がかかりましたね。

 

でも、慣れてしまえば何も問題ありません。
逆に痒みやフケもまったくでなくなり、地肌の調子がよく髪の毛にツヤとコシが出て来ました。

 

冬場は特に乾燥によって髪の毛がきしんだりしますが、バランローズクリームシャンプーを使い始めてからは毎日、しっとり潤っているので快適に過ごせています。静電気で髪の毛がぐしゃぐしゃになるということもありませんよ。
最近、髪の毛の傷みが気になり出した方は一度、使ってみることをオススメします。